HOME » 激安かつら購入の基礎知識 » かつらを安く作るには

かつらを安く作るには

激安でかつらがつくれるようになった…とはいっても、それなりに高価なものであることには変わりがありません。つくる人それぞれに、予算も違ってくることでしょう。できることなら、自分の満足ができる範囲で、安く済ませたいものですよね。

また、かつらには多少のメンテンナンスが必要です。時間や手間はもちろん、費用がかかることもあります。そんな面も考慮に入れつつ、安くかつらをつくるにはどうしたらいいのでしょう?

そこで、このページでは、かつらを安くつくるための方法を解説していきます。

まずはかつらの相場を知ることから

そもそも、かつらの購入金額の相場はどのようになっているのでしょうか。

【既製品】
あらかじめ毛髪がカットされており、そのまま使うタイプのかつらです。高いものでは15万円ほど、安いものになると3千円ほどで購入することができます。

もっとも安く済ませることができますが、頭のサイズに合わせてつくってあるわけではないので、フィット感に欠けます。そのなかでも安いものを選んでしまうと、かつらを着けているのが簡単にわかってしまいます。

【セミオーダー】
サイズやカラーを選ぶことができる、既製品を修正して使うようなタイプのものです。既製品とフルオーダーの中間に位置します。高価なものでは、15万円ほどが相場のようです。

【フルオーダー】
頭の型をとり、サイズや髪型がぴったり合うようにつくられるかつらです。採寸をしてサイズを決めていくので、フィット感は抜群です。また、人工毛と天然毛の割合、カラー、長さ、量など、好みや用途に応じて自由な注文ができる点が優れています。

相場は一般的には15~18万円程度ですが、5万円程度の激安かつらでも品質は劣りません。

このように、ひとくちにかつらといっても、オーダーの仕方だけでかなり値段が変わってくることがわかりますね。しかし、極端に安いものは、不自然さを気にすることなく毎日を過ごすのに向きません。

それでは、不自然さを感じることなく、できるだけコストを抑えてかつらをつくるにはどうしたらいいのでしょうか。その方法を、これから紹介していきましょう。

部分かつらをつくる

かつらには、「部分かつら」と「全頭かつら」があります。

「部分かつら」とは、毛髪の薄くなった部分だけを覆うかつらです。それに対して、「全頭かつら」は、頭をすっぽり覆うようにつくられます。部分かつらのほうが小さいので、当然値段も安くなりますよね。全頭かつらと比較して、部分かつらは2分の1〜3分の1程度の価格になるようです。

値段が安いだけではなく、部分かつらにはこんなメリットもあります。

  • 軽くて装着感がよい
  • 通気性がよい

ただし、こんなデメリットに注意が必要です。

  • 目立たないように装着するのが難しい
  • 「外れてしまうのでは」という不安を感じる

貼るかつらを使う

かつらには、ピン留め式のものと、貼るタイプのものがあります。

ピン留め式は従来から使われてきたタイプで、ピンで自毛をはさみ、かつらを固定します。これは装着が簡単で、また耐久力の面でも優れています。

ただし、値段が高いという最大の欠点を持っています。それだけでなく、ピンで留めてあるだけなので、風に煽られるだけでも簡単に動いてしまいます。また、強度を持たせるために、毛髪を編みこむ土台(ベース)が厚くつくられています。この土台が見えないように毛髪を多めに編みこむのですが、これがボリュームの不自然さを感じさせてしまうのです。

これに対し、貼るタイプのかつらは値段が安いだけではなく、少々のことではズレたり動いたりすることがありません。また、土台が大変薄くつくられているために、地肌との区別がつきにくく、かつらを着けていることがわかりにくくなっています。

耐久力に劣るため、かつらの寿命が短いというデメリットはあります。しかし、値段が安いため、一年間にかかる金額はピン留め式よりも、貼るタイプのほうが安くなるようです。

人工毛を使う

かつらに使われる毛髪には、化学繊維でつくられた「人工毛」と、人間の毛髪を使う「人毛」があります。大量生産が可能なため、人工毛のほうが安価になっています。人間の毛を切って使うのですから、人毛が高価なのも当然ですね。

人工毛と人毛のどちらかだけを使うだけでなく、これらをミックスして使うこともできます。ですから、人工毛の割合を増やすことでコストを抑えることが出来るのです。人工毛には、こんなメリットがあります。

  • シャンプーしても型崩れしにくい
  • 太陽光による変色がしにくい
  • 水に濡れても乾きやすい

一方で、こんなデメリットもあります。

  • 光沢が不自然
  • カラーリングができない
  • 自毛となじみにくい
  • 熱に弱い

人毛のほうが自毛に近いわけですから、人毛の割合が多いほうがストレスなくかつらを利用できると思います。ただし、それだけ値段も上がりますから、ご自分の希望に合わせてミックスの割合を考えてみましょう。

フルオーダーメイドを利用する

ここまで、コストを抑えてかつらをつくる方法をご紹介してきました。

部分かつらをつくる、貼るタイプのものを使う、人工毛をミックスする、という3つのテクニックをご理解いただけたでしょうか。

これらのテクニックは、コストが下がる分、デメリットになる面もあります。頭皮を覆うかつらの大きさや、人工毛の割合など、自分が納得できるように細かく注文して、値段と品質のバランスを上手に調整したいものです。

そのためには、既製品やセミオーダーではなく、フルオーダーメイドのかつらがオススメです。ご自分の希望にぴったり合ったかつらがつくれますから、満足できる品質を保ったままコストを下げていくことが可能です。毎日使うものですから、ただ安いものを選ぶのではなく、ワガママにつくってみたいですよね。

ぜひ、フルオーダーメイドでかつらをつくってみてください!

メンテナンスの充実度にも注目!

ひとくちにフルオーダーメイドといっても、かつら業者は世にたくさんあります。ここで注目していただきたいのは、アフターケア・メンテナンスの充実度。

かつらには、整髪や装着、修理といったアフターケアがつきものです。ただ値段が安いだけの業者は、アフターケアがずさんなこともしばしば。これではかつらの寿命が短くなってしまい、結果的には高くついてしまいます。

ですから、わたしは信頼できるアフターケアを提供している業者でのフルオーダーメイドをオススメしたいと思います。長い目でみれば、かつらにかかる全体的なコストを下げるためには欠かせないことだと思います。

 
HOME » 激安かつら購入の基礎知識 » かつらを安く作るには