HOME » かつらを激安で作れるメーカー比較 » ヘアダイレクト

ヘアダイレクト

ここでは、ヘアダイレクトの激安かつらの値段や品質について紹介していきます。

有料オプションとの組み合わせが必須の激安かつら

ヘアダイレクト
画像引用元:ヘアダイレクト
https://hd-bihin.jp/

ヘアダイレクトの最大の特徴は、全頭かつらが37,800円~という激安価格です。今回調査したメーカーの中では最安といっても過言ではないでしょう。しかし、他社よりもかなり低い値段になっているのはわけがあります。

実はこの価格には、かつらのカットの料金が含まれていません。髪の毛が伸びっぱなしの状態で商品が届くので、自分でサロンに持ち込んでカットしてもらう必要があります。ヘアダイレクトのサロンに持ち込む場合は、16,000円のオプション料金がかかります。

また、型取りキットを使ってかつらの型を取る場合は無料ですが、サロンで型をとってもらう場合は9,000円の料金が発生します。それなりの金額なので、少し考えてしまいますね。

これを踏まえると、かつら上級者向けのサービスかな、と思います。

<<ヘアダイレクトは何位?激安かつらメーカーのランキングを公開中!>>

オーダーパターンの活用でで注文を簡略化することも

とはいえ、かつら初心者向けの気配りもされています。

ヘアダイレクトには、フルオーダーの場合でも、いくつかのオーダーパターンが用意されています。スタイルや毛質などの組み合わせのパターンが、流行を取り入れながらつくられており、これを参考にしながらオーダーすることができます。

サイズは自分に合ったものを、ヘアスタイルはオーダーパターンを使って注文することも可能です。

ベースの素材は3種類から選択可能

ヘアダイレクトのかつらのベースは、もっとも薄いもので0.06mm以下という超極薄素材を使って作られています。頭皮に貼りつくような感触があり、ぴたっとフィットするベース素材となっているようです。

そのほか、耐久性や見た目の自然さ基準に、3種類のベースから選ぶことができます。そのラインナップは以下のとおりです。

  • ハリウッドベース:耐久力があり、人気No.1
  • ニューヨークベース:薄さと耐久性を兼ね備えた中間的な性能
  • スーパーファイン:耐久性に劣るが、もっとも薄く自然な仕上がり

ニーズに合わせてベースの性能を選ぶことができるのは嬉しいですね。

かつら修理の料金が明確

ヘアダイレクトは、公式サイト「補修メンテナンス」の中の「補修費用」ページでかつらの修理費を明確に記載しています。費用や納期など曖昧にされているメーカーが多い中、お客様が安心して利用できるよう配慮されています。

かつらは消耗品。一度購入したらそのままでいいという訳には中々いきません。毎日使えば破損することもあるし、アレンジしやすく増毛したいなど、使っているうちに修理が必要になります。

「かつらの修理代って高そう」と思っている人も多く、費用がはっきりしないからと修理を躊躇しがち。しかし、ヘアダイレクトなら料金がはっきりわかるので、頼みやすく、いつでもかつらを快適な状態にできます。

ベースデザイン 前頭かつら(値段)
ハリウッドベース O-タイプ 45,800〜58,800円(税込)
ハリウッドベース 生え際スキンタイプ
ハリウッドベース U-タイプ
ニューヨークベース O-タイプ 45,800〜58,800円(税込)
ニューヨークベース 生え際スキンタイプ
ニューヨークベース U-タイプ
スーパーファインベース O-タイプ 45,800〜58,800円(税込)
スーパーファインベース 生え際スキンタイプ
スーパーファインベース U-タイプ

ヘアダイレクトの口コミをチェック!

それでは、最後に口コミを紹介しましょう。

「毛質とカットに満足してます」(40代男性)
これまで人工毛のかつらを使っていましたが、ヘアダイレクトさんで人毛のかつらをオーダーしました。それまでは髪型を変えることができずに、不便な思いをしていたのですが、人毛のかつらは柔らかくて、スタイルを変えても自然に見えます。

「生え際を見せても大丈夫!」(30代男性)
プライベートでは前髪を下ろしていますが、仕事のときは前髪を上げるので、生え際が見えてしまいます。それでもまったく不自然でないので、安心してあげることができます。

このように、かつらの品質についての口コミが多く見られました。かつらそのものの出来だけではなく、カットの技術についても言及されていますね。かつらに慣れてきて、よりグレードアップしたかつらに挑戦したいときは、ヘアダイレクトを利用してみるといいかもしれません。

 
HOME » かつらを激安で作れるメーカー比較 » ヘアダイレクト