HOME » 愛用のかつらを長持ちさせる知恵

愛用のかつらを長持ちさせる知恵

かつらを初めて使う方にとって、取扱い方はわからないことだらけです。どうやって頭に固定すればいいのか、という基本的なところから立ち止まってしまいます。

また、使い方をマスターしただけでは足りません。今度は、かつらを長持ちさせるために、メンテナンスをする方法を知らねばならないのです。こだわって作ったかつらだからこそ、きちんとメンテナンスして、長く使い続けたいですよね。

どんなに品質の良いかつらでも、メンテナンスを怠っていると、傷みも早くなってしまいます。かつらの洗い方やメンテナンス法を知って、かつらを長持ちさせましょう。

かつらのシャンプーの方法

かつらやウィッグのシャンプーの仕方はかつらの材質によって異なります。

洗面器などにためた水にシャンプー液を入れて泡立てた後、かつらを入れて汚れを浮かし、手のひらでやさしく押し洗いするところまでは共通していますが、合成繊維製のかつらの場合、かつら専用シャンプーを使うのがベスト。

一方、人毛100%のかつらなら市販のシャンプーで洗うことができます。

また、人毛100%のかつらはリンスをするのに対し、合成繊維性のかつらはリンスは行いません。

その代わり、かつらを乾かした後にウィッグコンディショナーをつけ、毛を保護します。

このように使用するアイテムに違いがあるため、手持ちのかつらに適した方法でシャンプーすることが大切です。

かつらのメンテナンス

かつらはいつも清潔に保っておくのが鉄則。これは、使用感をすっきりさせる、というだけではなく、かつらの寿命をのばすためにも大切なことです。着脱できるかつらをお使いなら、メンテナンスは毎日行いましょう。

かつらに限らず、どんな物でも、大切にすれば長く使えるものです。その意味でお手入れは大切です。

かつらの内側についた汗を拭き取ったり、洗ったりすることで、かつらの清潔さを保ちやすくなります。また、洗い終わったら風通しの良いところに置いて、乾かすのも良いですね。洗ったらしっかり乾かすことで、長持ちさせられます。

>>かつらメンテナンスの基本

かつらブラッシングの3つのポイント

かつらは一度傷むと修繕や買い換えが必要となるため、ブラッシングはていねいかつ慎重に行いましょう。

上手にブラッシングするコツは、目の粗い金ブラシを使うこと。毛先からとかすこと。そして絡まりがひどいときはオイルスプレーを使用することの3つ。

ブラシやオイルスプレーはかつら専用のものが販売されているので、よりきれいに仕上げたい時は専用品を購入するのがおすすめです。

無理に絡まりをほどいたり、強く引っ張ったりするとかつらを傷める原因になりますので、時間をかけてじっくりと行うようにしましょう。

ブラッシングは使用前と使用後に行う習慣をつけると、かつらを良い状態でキープしやすくなります。

>>かつらブラッシングの3つのポイント

 
HOME » 愛用のかつらを長持ちさせる知恵