HOME » 愛用のかつらを長持ちさせる知恵 » かつらメンテナンスの基本

かつらメンテナンスの基本

かつらを長持ちさせたいのであれば、定期的なお手入れやメンテナンスが不可欠。通常の髪の毛であればシャンプーが必要ですが、かつらやウィッグはどのようにシャンプーすれば良いのでしょうか。

かつらの手入れその1.シャンプーのやり方

かつら・ウィッグを洗う場合、普段自分の髪を洗うのと同じように洗ってはいけません。また、かつらの材質によって、洗い方が少し異なります。注意点がいくつかありますので、是非ここでチェックしておいてください。

合成繊維製の場合

①洗面器などに水をためて、専用のシャンプーを入れて泡立てます。

②十分に泡立ったらかつら・ウィッグを入れ、汚れが浮くまでしばらく待ち、手のひらで優しく押し洗いします。

③シャンプーが残らないよう、しっかり流します。すすぎが悪いと、カビや異臭の原因となってしまうこともあるので念入りに。

④タオルに包んで、水分を吸い取るように優しく乾かします。(リンスはしない)

⑤タオルだけで完全に乾かすことはできないので、日陰で少し干します。

⑥乾いたら髪形を整え、ウィッグコンディショナーを付けたら完了です。

人毛100%の場合

①洗面器などに水をためて、シャンプーを入れて泡立てます。

②十分に泡立ったらうかつら・ウィッグを居れ、汚れが浮くまでしばらく待ち、手のひらで優しく押し洗いします。

③シャンプーが残らないよう、しっかり流します。汚れがひどい場合は、もう一度洗ってもかまいません。

④リンスを3倍程度に薄めて、髪の毛にまんべんなく行きわたらせます。

⑤リンスが少しでも残っているとホコリがつきやすくなってしまうので、指どおりの滑らかさがなくなるくらいまで念入りにすすぎます。

⑥あとはドライ。合成繊維製の場合と同じく、タオルに包んで水分を取った後、日陰干しです。

 
HOME » 愛用のかつらを長持ちさせる知恵 » かつらメンテナンスの基本