HOME » 愛用のかつらを長持ちさせる知恵 » かつらの修理

かつらの修理

他社製品の修理もできるかつらメーカー3選

インクリーズヘアー

インクリーズヘアーのかつら修理の特徴は3つあり、1つ目の特徴は他社のかつらもタイプを問わずに修理を行っています。他社製品の修理でも追加料金は一切かからず、購入したメーカーで断られたかつらでも対応可能です。

2つ目の特徴は遠方の方のために、宅配便でのやり取りで修理を受け付けていること。そして3つ目は納期や仕上がりのイメージ、予算などいろいろな希望に対応してくれることです。

一人一人の希望に合わせて臨機応変に対応しているため、まずは、気軽に電話で相談を受け付けています。

修理のメニューや金額は、例えばストッパー交換1個1,500円、他社製品カット調整(全頭かつら)のカット済または未カットの場合は10,000~40,000円で実施。メニューと金額の一覧はホームページに掲載されています。

公式サイトでかつら修理についてもっと詳しく

ライツフォル

ライツフォルのかつら修理は、「オールかつらのカラー戻し」や「部分ウィッグのリセットやカラー戻し」、「全メーカー対応しているかつら&ウィッグの修理」、「オールウィッグのちぢれ直し」を行っています。

国内でも大手に卸すかつらとウィッグの専門メーカーのライツフォルは専属工場があり、大幅なコストカットと納期を短くすることができるのが特徴です。

「全メーカー対応しているかつら&ウィッグの修理」ではかつらとウィッグの修理をはじめ、増毛やネット破れ・PUコーティング・人工皮膚交換などに対応。

何箇所直しても料金は一律税込みで28,080円です。片道の送料は無料で、最短3週間で修理が完了します。その他には「オールかつらのカラー戻し」の場合、15㎝以上であればシャンプーとトリートメント付きで16,200円、15㎝未満であれば10,800円です。

公式サイトでかつら修理についてもっと詳しく

アプラン

アプランで修理を行なうのは、「アプランファクトリー」という部門です。アプランファクトリーのスタッフは、かつらの修理や作ることの技術を持っています。

かつら修理の相談がスムーズで、新品のかつらのセールスは一切行っていないのが特徴です。また全国に直営店があるため、日ごろのメンテナンスやアフターケアまで万全の体制で対応しています。

高い技術力を持つスタッフが揃っているため他で断れたかつらをはじめ、他社のかつらの修理が可能です。かつら修理は、現在使っているかつらを新品同様に修理や部分的な修理、システム修理も実施。料金は分け目の取り換えなら16,000円から、部分修理は1箇所1,500円からとなっています。

公式サイトでかつら修理についてもっと詳しく

修理できるかつらと費用相場

かつらの修理はいろいろな部分の修理があるため、修理する種類で料金は異なります。また部分的に行うのか、全体的に行うのかでも料金は違うので、注意が必要です。ここでは、修理内容と値段をご紹介します。

増毛

かつらは使っていくうちにボリュームがなくなったり、抜け落ちたりすることがあるため、増毛して修理するという方法が一般的です。 増毛といっても、減っている部分だけを増やすのか、または全て植え替えるかで料金やメンテナンスにかかる期間はことなります。また、黒髪だけを増毛するだけではなく、年齢に応じてグレーヘアーにすることも可能です。

インクリーズヘアーの場合は即日仕上げか工場で行うか・植替修理か行なうか、ライツフォルの場合は26,000円、アプランは増毛する範囲や本数と料金体系は異なります。

ネット修理

かつらにはネットが使用されています。薄いネットが使用されているため、長年使用しているとネットが破れやすくなるケースも。ネットが破れてしまうと植えてある毛髪が不自然に避けてしまったり、見た目も悪くなったりするため修理が必要です。ネットの修理の値段は、インクリーズヘアーの場合3×3㎝~、8,000円、ライツフォルの場合は26,000円、アプランの場合は、全頭78,000円、ツーペ30,000円、義髪4,000円からとなります。

人工皮膚交換

かつらは上から見られたときや風が吹いたときに、頭皮が自然に見えるかが大切となります。かつらを使用していると人工皮膚も劣化していくため、定期的に交換が必要です。インクリーズヘアーの場合は45,000円、ライツフォルの場合は7㎝×5㎝の範囲を単価750円で修理をすると26,250円。アプランの場合は問い合わせて確認が必要となります。

 
HOME » 愛用のかつらを長持ちさせる知恵 » かつらの修理