安いオーダーかつら虎の巻 » かつら購入の基礎知識 » 毛の種類(人毛、MIX毛、白髪)

毛の種類(人毛、MIX毛、白髪)

かつらの毛の種類は、人毛と人口毛に分けられます。理想のかつらを作るためには、オーダーの前にその違いについてしっかり理解しておくことが必要です。

質感なら人毛がおすすめ

人毛は人の髪の毛です。かつら用の人の髪の毛は、髪の状態をチェックして低グレードから最高級グレードまで分けられます。それぞれに処理の仕方や加工方法で耐久性や使用方法が違います。

高グレードのものは絡みにくくパーマやカラー、トリートメントもできます。低グレードのものは価格が安くパーマやカラーが可能ですが傷みやすいデメリットもあります。人毛はとても自然な仕上がりですが丁寧な扱いが必要な毛といえます。

扱いやすい人工毛

人工毛はポリエステルやアクリルなど人工の繊維でできています。低価格、豊富なカラー、ドライヤーやコテなどの熱にも強く崩れないヘアスタイルなどの条件を希望する人におすすめです。ただ、特有の光沢による人工的な質感があり、長期間の使用で傷みやすいというデメリットもあります。

人毛のほうが自毛に近いわけですから、人毛の割合が多いほうがストレスなくかつらを利用できると思います。ただし、それだけ値段も上がりますから、ご自分の希望に合わせてミックスの割合を考えてみましょう。

人工毛のメリット

人工毛のメリット

ミックス使用でより使いやすく

人毛と人工毛にはそれぞれにメリットとデメリットがあります。そこで、ほどよくミックスすることでスタイルと質感の両方を維持して使いやすくしたかつらもあります。人毛100%のかつらに比べると扱いやすいので、かつらビギナーやお手入れを手軽に済ませたい人にはおすすめです。

年齢にマッチした白髪にも対応 最近グレーヘアが話題になりましたが、これまで白髪交じりだった人が急に黒髪になると逆に周囲の目が気になります。 そこで、年齢や希望に合わせて好みの量に白髪を交えたかつらも製作可能。これなら違和感なくナチュラルに溶け込むスタイルを楽しめますね。

人工毛を使う

かつらに使われる毛髪には、化学繊維でつくられた「人工毛」と、人間の毛髪を使う「人毛」があります。大量生産が可能なため、人工毛のほうが安価になっています。人間の毛を切って使うのですから、人毛が高価なのも当然ですね。

人工毛と人毛のどちらかだけを使うだけでなく、これらをミックスして使うこともできます。ですから、人工毛の割合を増やすことでコストを抑えることが出来るのです。人工毛には、こんなメリットがあります。

希望に合わせた毛の選択を

毛の種類によって仕上がりが変わり、印象も違ってくることがわかりましたね。それぞれの特徴を踏まえて、実際に質感などを確認してより自然で希望にマッチする毛を選び満足できるかつらを作りましょう!

かつらを早く
作る方法【PR】
サロンのイメージ

仕上がりまでに平均1~2カ月かかるオーダーメイドかつら。こちらのページでは、一日も早くかつらを作りたい方のために、即日納品のセミオーダーかつらをご紹介しています。

即日納品の
かつらを見る