安いオーダーかつら虎の巻 » かつらの悩みを解決するヒント集 » 薄毛カバーはかつらと増毛どっちがおすすめ?

公開日: |更新日:

薄毛カバーはかつらと増毛どっちがおすすめ?

「かつら」「ウィッグ」の特徴と相場

年齢やホルモンバランス、病気などが原因で薄毛になってしまった場合、かつらやウィッグによる増毛で、堂々と外を歩きたいと願うはず。しかし、気になるのは、かつらやウィッグの相場。あまりにも高すぎするのであれば、購入する勇気がなかなか出ないかもしれません。

薄毛になった場合、髪を増毛するアイテムとしては、かつらやウィッグが一般的です。どちらもすぐに装着できるものなので、まず薄毛で悩むことから抜け出したいのであれば、どちらも利用しやすいものです。

またカラーリングをした人が、カラーリングした髪を隠しておきたいというときにも、利用されることがあります。肝心の「かつら」や「ウィッグ」の購入価格ですが、安いものだと、数百円から購入可能です。

安いに越したことがないのですが、安いものは、コスプレとして使用させるような、おもちゃ感覚のものが大半。本格的なものになると、髪の毛の品質やフィット感、自然な印象に変わります。

満足いくもの、長年使用したいのであれば、数万円からの価格になってきます。薄毛から自然な髪質の増毛姿に変わるのであれば、数百円レベルのかつらやウィッグは避けたいところ。

本物のかつらというべき、かつらやウィッグを購入するのであれば、やはり、数万円以上かかります。

その費用の中には、人工毛ではなく、人毛できれいだったり、一本一本、丁寧に作られていたりなど、自然に見える工夫がされています。本気で自然な増毛の自分に変わりたいと思うのであれば、ある程度お金を出してもいいと思える質の、かつらを選択したほうがよいでしょう。

「かつら」と「ウィッグ」には違いがある?

「かつら」や「ウィッグ」を聞くと、どっちがどっちで…と未だによくわからないという方もいるはずです。

違いは、正直なところありません。どちらも髪型を変えたり、増毛できるアイテムのものには、変わりありません。

かつらの英語バージョンがウィッグ。海外ではかつらのことをウィッグと呼んでいるので、英語名の表現であることは変わりないのですが、かつらというと、男性が購入するものというイメージがあります。

その一方で、ウィッグになると、女性がファッション目的で、購入するアイテムとして使われることが、多いです。かつらという響きは、女性にとっては、昔からある、まるで偽物のように、仕上がった「かつら」という、古い印象を与えやすいというのはあります。そのため、「ウィッグ」という表現にしたほうが、購入する側も女性に対して販売する側も、イメージ的に取り扱いやすい。

また、「ウィッグ」は、短い髪の毛の女性が、長い髪の毛の姿に、変身できるものとしても利用可能。美容院などでも取り扱われている、エクステタイプのものも、あります。もちろん、頭全体をカバーするような、ウィッグから、一部分のみを、カバーするものまで存在しています。

「かつら」「ウィッグ」をおすすめしたいのはこんな人

必要なときだけ、つけたり外したりしたいという人には、「かつら」や「ウィッグ」がおすすめです。薄毛で困っている人に、最適な方法としては、「かつら」「ウィッグ」の、使用の他には、自分の髪の毛を、さらに追及する、増毛という方法もあります。とりあえず、手っ取り早く、簡単に自然な増毛姿になるのであれば、「かつら」や「ウィッグ」が安心。

増毛するのは、メンテナンスなどもあるだろうし、カウンセリングなどもやってと、考えると、かなり長い道のりに思えてくる人も、いるのではないでしょうか。

そのため、早く薄毛の状態から卒業したいと願う人には、「かつら」や「ウィッグ」がよいと言えます。

また、薄毛は薄毛でも、部分的な薄毛や、ボリュームダウンしているだけの、頭髪などの場合は、部分用のかつらやウィッグがまさに最適。髪型を自然にごまかしたり、少しだけ薄毛となっているところだけ、カバーしたいのであれば、その範囲だけをカバーすることで目的が達成されます。

おしゃれ意識の高い方も「かつら」や「ウィッグ」が、活用できます。髪型に変化が、ほしい場合や、髪色をアレンジしたい場合、女性であれば、ゆる巻き髪などに憧れる方もいるのではないでしょうか。そういったときには、「かつら」や「ウィッグ」で新鮮味のある髪型に変化させてみるのも、アレンジの手段に。

病気の治療やケガ、生まれつきの疾患などが原因で髪質に変化がある方、抗がん剤治療で髪の毛が抜け落ちてしまった方、これから治療をするので用意しておきたい方にも、「かつら」や「ウィッグ」が手軽に使えます。この場合は、医療用のかつらがあるので、医療目的で使用し、自然な髪型へと変身できるので、便利です。

「増毛」をおすすめしたいのはこんな人

増毛は、自分の髪の毛を利用して、髪の毛を増やします。方法としては、自分の髪の毛に人口毛を結び付けて、髪の毛を増やす。これにより、本来の髪の毛に近い、自然な仕上がりになります。ただ、自分の髪の毛を、利用するので、髪の毛のない部分には、利用できません。

特に、薄毛が進行している部分にやると、増毛後に抜けてしまい、あっという間に元に戻ってしまう可能性も。ただ、身体への負担はない増毛法なので、安心です。しかし、維持するための定期的なメンテナンスは必要。

薄毛が、進行しており、髪の毛が、ほぼ残っていない場合には、対応できない場合があり、部分的な薄毛の方に適しています。増毛のメリットは、かつらやウィッグのように、つけたり外したりする必要がないことです。そのため、自分の髪のように扱えます。

お風呂上りに、ドライヤー、ヘアアイロンなども利用可。カラーリングをして、イメージチェンジするのも、OKです。より自然を追求する人には、増毛も、ひとつの手段です。

「かつら」や「ウィッグ」よりも、完璧な自然を求める方、薄毛をどうにか、隠し続けたいと思う方には、増毛がよいと言えます。増毛であれば、激しいスポーツや温泉、プールなどでのアクティビティも自由に行えるのが、最大のメリットとなります。ある程度、自分の髪の毛が残っており、かつらよりも、より自然を求めるのであれば、増毛がおすすめです。

「かつら」「ウィッグ」や「増毛」にあきたらず、根本的な薄毛対策がしたいという人は

薄毛に悩んでいるが、まだ諦めたくない、根本的な解決法を探したいという方は、専門のクリニックや病院を受診することがベスト。

薄毛の原因は、ホルモンバランスや遺伝が原因と言われています。最近では、さまざまな治療法が、提案されています。ホルモンバランスを、改善するような内服薬などもあるので、自分の症状を改善できるものを、見つけだすのが大事。また、体毛が濃くなるといわれる外用薬などもあるので、試してみるのもありです。

病院を受診する時間が、なかったり、抵抗を感じる方は、オンライン診断が、可能な診療手段を取り入れてみるのもよいでしょう。ホルモンや遺伝の他にも、抜け毛が増え、薄毛が進む原因としては、加齢、ストレス、不規則内生活スタイルなどが関係。ストレスなどが原因であれば、自分の生活スタイルや環境と向き合い、ストレスを解消できるようになると、髪の毛が以前の状態に、戻ってくる場合もあります。

病院や専門クリニックを受診し、原因を追究することも可能ですが、まずは、生活習慣が乱れていないか、ストレスを感じているのかなど、自分の生活を見直す機会も必要です。髪の毛は1日に、100本程度は抜けると言われているので、少し抜けたとしても、問題ありません。原因を一つに絞らず、場合によっては、複数の原因が重なって、薄毛となっているということにも、アプローチしてみることが大事です。薄毛の原因を明確にし、適切な治療を根気よく続けていくことが、改善のステップとなるはずです。

かつらを早く
作る方法【PR】
サロンのイメージ

仕上がりまでに平均1~2カ月かかるオーダーメイドかつら。こちらのページでは、一日も早くかつらを作りたい方のために、即日納品のセミオーダーかつらをご紹介しています。

即日納品の
かつらを見る